旅行観光

佐賀県民がおすすめする定番の観光・旅行スポット

こちらの記事では佐賀県民がおすすめする定番の観光・旅行スポットを紹介していきます。

佐賀県に旅行を予定している方や、これからどこに旅行行こうか迷われている方は是非参考にしてみてください。

ランキング形式で紹介いたします。

1位:有明海

佐賀県南部に位置する有明海は、日本一の干満の差を誇る海です。その差はなんと6mと、干潮時と満潮時では大きく異なった姿を見せてくれます。

ムツゴロウやワラスボ、シオマネキなど独特の生態系があり、日本でも有明海にしかいない珍しい生き物もいます。

皆さんは海水がひいて、泥だけになった海を見たことはおありでしょうか?

ここ有明海では、その珍しい光景を見ることができます!満潮時には普通の海とそうそう変わりませんが、干潮時には泥が露出し、ムツゴロウやシオマネキと言った特有の生き物が姿を現します。

年に一度『ガタリンピック』と言う干潟で行われるお祭りもあり、参加者が干潟に飛び込んで泥だらけになって競い合います。県外からもリピーターの多いイベントです!

2位:虹の松原

唐津湾の浜辺に続く松原です。こちらは国の特別名勝で、日本三大松原のひとつに数えられています。

長さ約4.5km、幅約0.5kmにわたり、およそ100万本のクロマツが群生しています。虹の松原を抜けると海水浴場があり、ドライブで通ってもよし、泳ぎに行く途中で見てもよしの立ち寄りやすいスポットです。

佐賀県には有明海だけではありません!

こちらの虹の松原も素晴らしい風景を堪能できます。三保の松原、気比の松原とともに、日本三大松原のひとつに数えられる、虹の松原は長さ約4.5km、幅約0.5kmにわたり、およそ100万本のクロマツが群生し、防風・防潮の役割を果たしています。

松原を通り抜けると海水浴場があり、夏の海水浴定番スポットになっています!

3位:祐徳稲荷神社

鹿島市に位置する、伏見稲荷と笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられる神社です。

美しい朱塗りが一際目を引く外観から『鎮西日光』とも呼ばれていて、九州では大宰府天満宮に次いで参拝者が多い神社とも言われています。

美しい朱塗りと豪華な外観は映え間違いなし!祐徳稲荷神社はその美しい外観だけでなく、奥の院から一望することのできる有明海の絶景も見どころのひとつです。

4位:武雄温泉

武雄市で楽しむことができる温泉です。こちらは1,300年前に書かれた『肥前風土紀』に記された歴史のある温泉で、透明で柔らかな湯触りが特徴です。

入り口に立つ楼門は、東京駅を設計した辰野金吾氏の設計で、建築物としても見どころがあります。

肌になじむ泉質が人気で、美人の湯として地元でも親しまれている温泉です。

国指定重要文化財である楼門は、東京駅を設計した辰野金吾氏の設計であり、温泉だけでなく建築物としても楽しむことができるスポットです!

5位:有田ポーセリンパーク

有田焼で有名な佐賀県ならではの、焼き物のテーマパークです。18世紀初頭のドイツ・バロック建築を忠実に再現した豪華な建物は、山の中ではひときわ目立ちます!

数々の映画やドラマの撮影地として活躍しているこちらは、焼き物の展示だけでなく美しい庭園もあります。

山の中に突如現れる豪華な西洋風のお城にびっくり!映画やドラマの撮影地としても活躍するこのお城、実は焼き物のテーマパークなんです。

有田焼の展示から、美しい庭園の花々、18世紀初頭のドイツ・バロック建築を忠実に再現した豪華な建物は目の保養になること間違いなしです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は佐賀県民がおすすめする定番の観光・旅行スポットについて紹介していきました。

皆さんの旅が楽しいものになりますように♪